ここは管理人モカねこの趣味に走り続ける日々をつづっているブログです=ム=ノ 
1608052228(1).jpg
皆様おはこんばんチワワー!
モカねこっす=△=ノ

アイマスPSの方をやっていたら、さらになぜか増えていたアーキテクト:REを現在増産中。
作るもの作っとかないと罪(積み)が増える一方だからプラモも進めなければ!(10式から目を背けつつ


そんな感じで今回ご紹介するのはこちら!!!





1608071334(1).jpg
コトブキヤM・S・G(モデリングサポートグッズ)の新商品「LEDソード」
これを簡単に紹介していきます==ノ








1607302206(1).jpg
こちらがLEDソードのパッケージ。
ブルー、レッド、グリーンの3色があるので持たせたいキャラなどのイメージで選べばよろしいかと。






1607302209(1).jpg
中身がこちら==ノ
クリアカラーとクリアの2種のソード刃とフレームアームズに3mm棒を持たせることのできる専用ハンド。




1607302209(2).jpg
そして本キットの要となる部品「ミライト」
元々は夜釣りに使うものでして、リチウム電池とLEDユニットが一体化した物となってます。




1607302218(2).jpg
LEDソードの前情報で知り、釣具屋で予め調達しておいたミライト達。
色んなサイズが売っているんですがLEDソードで使われているのは「327」の型番の物みたいっすね。
(スティ子さんが持ってるのは4mmの物)





1607302225(1).jpg
組み立て方はいたって簡単。
ミライトにプラのリングを被せてそこに刀身を取り付けるだけ。

後は刃の根元を持って押し下げればミライトが点灯、引っ張れば消灯します。
以下色々と比較テスト。





1607302234(1).jpg
(左)LEDソード付属のミライト327(右)別売りのミライト316
径はどちらも同じ3mmなんですが短い316の方は光も弱いっすね~。
LEDソードに使うにはパワー不足です==ノ



1607302236(1).jpg
(左)色付き表面加工の刀身 (右)色付きの加工無し
ここらへんは好みになるでしょうが、個人的には表面加工された方のボワッとした光り方がいい感じ。





1607302237(1).jpg
(左)色付き表面加工 (右)クリアの表面加工
色付きの刀身は途中で拡散する為か根本付近のみ光ってます。
対してクリアの方は刃全てに光が行き渡ってますね~。
色付きの方がグラデーションみたいになってていいかも?







1607302240(1).jpg
これは両方色なしクリアの刀身。
左は加工無しのツヤツヤで右は表面加工されたもの。

加工無しの方は派手に光り過ぎですかな?
光が集中しているのか刃先の所がかなり強く光っています。



1607302248(1).jpg
棒状の方の刃でライト○イバーごっこ==ノ
自分の場合はこっちの刃は出番なさそうですな~。







1607302326(1).jpg
いろいろと・・・・・





1607302317_01(2).jpg
持たせて・・・・







1607302330(1).jpg
みた==ノ







1607302331_01(1).jpg
当然ながらLEDソードをメインに据えた撮影では暗くしないと目立たなくなりますな。
やはりブレが一番の敵か・・・・







そんな感じの「M・S・G LEDソード」の紹介で御座いました==ノ

持ち手が構造上ミライトのリチウム電池そのままになってしまう弱点はありますけど、お手軽に迫力あるビーム刃を再現できる非常に魅力的なアイテムだと思います。
近所の釣具屋には赤と緑しか置いてなかったけど、通販サイトでは黄色や白verのミライトも売っているのでクリア刀身でいろんなソードを演出できそうな感じですな==*
けっこういい値がするのが難点ですけど、気になる人は1つ試しに買ってみるのもよろしいかと。

以上っす==ノ


白LED・・・・棒ソードをカットすればサイリウムに・・・・・フム。
でわでわ~=△=ノシ

関連記事
関連するタグ プラモデルコトブキヤM・S・G
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhsinon.blog101.fc2.com/tb.php/905-b3b00d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック